イメージ画像

「お金を借りるナビ」では、24時間・365日、土日祝日でもスマホから申し込める金融会社の一覧を紹介します。

民間金融機関からお金を借りる方法

一般的に今すぐお金を借りると言うと、銀行や消費者金融のカードローンが多いでしょう。車を買ったり学資資金にするのであれば、銀行でもう少し金利面で優遇されているローンが準備されていることもあるでしょう。

民間金融機関がお金を貸すのは、商売として貸しているのですから利息をもらうことが目的です。民間金融機関の売上の多くの部分は、この受取利息によるものですから、貸付残高は民間金融機関にとっては営業成績以外の何物でもありません。

しかし、民間金融機関の商売道具はお金です。商売道具をきちんと返してくれるかどうかも重要な問題点です。この商売道具をきちんと返してもらえるかどうかを判断する方法が審査です。最近の民間金融機関の審査は非常にスピードアップしていますが、甘くなっているのではなく、コンピューター化しているため早いのです。コンピューター化することによりかえって精度の高い審査ができていると言う面もあるのです。

このような民間金融機関からお金を借りる方法は、審査を通すこと以外にありません。審査の方法は金融機関ごとに違いがあり、その審査プログラムは金融機関ごとのノウハウの塊と言っていいものです。

ただ、審査プログラムの内容は収入と申込内容から推計した家計支出を算定するもので、両者の差額が返済可能額となるわけです。後は民間金融機関ごとに決めている算定方法で返済可能額から融資限度額を逆算しているのです。

民間金融機関の審査を通す方法は、まず申込書をきちんと書くことです。当然のことではないかと言われがちですが、他に背負っている借金がある人はそれを書かなかったり、過少に書いたりしたいものです。また、収入が少ないと多めに書きたいものです。しかし、そのような虚偽記載は大抵バレます。金融機関側も自分たちでデータを持っていますから、不自然な記載があればエラーデータが出ますし、個人信用情報機関に対する照会も実施しているのです。

民間金融機関からお金を借りることは、事実上難しくないと言われています。審査を通すだけであれば、民間金融機関同士の競争もありますから、相当の理由がない限り融資できないという事はありません。しかし問題は自分が思ったとおりの融資を受けられるかどうかです。下手な小細工は禁物ですが、他の借金を全て返済したり、使っていないクレジットカードのキャッシング枠などの融資枠を解消したりしてから審査に臨むのが鉄則です。

消費者金融や銀行カードローンの他、住宅ローンやマイカーローンなど、お金を借りる方は以下のサイトが参考になります。
http://xn--king-z63cuoha8c7859bdkzh.net/
金利もお得に賢くお金を借りるようにしてくださいね。

消費者金融からお金を借りる場合について

お金を借りると言う場合、一番最初に思い浮かぶのは消費者金融ではないでしょうか。昔は街金とも呼ばれ、怖いものだと言うイメージがありましたが、最近はテレビCMなどの効果もあり、ずいぶんと親しみやすいイメージになっています。

消費者金融の主力ローン商品はカードローンです。最近はサービス向上と自社の手間が省けると言う理由で振込の方法で融資をすることも増加しています。とはいえ、全国のコンビニATMで気軽にキャッシングできるカードローンは、利用者も消費者金融も共にメリットが大きいのです。

このような消費者金融にお金を借りる方法は、消費者金融に対して申込をすることからスタートします。申込はスマホやパソコンからできることが増えており、審査スピードもかなり高速化しています。最近のテレビCMなどを見ればわかる通り、早いと30分で終わると言うケースもあります。

このような審査が終わると、審査結果を知らされます。審査結果とはいえ融資できないと言われることは少なく、融資限度額と融資利率を教えてもらえることがほとんどです。ただし、消費者金融には貸金業法で年収の3分の1までという融資制限があるので、これに引っかかると融資できないという結果になります。

融資限度額に同意すると、最後に本人確認と申込内容の確認のために努めている会社へ在籍確認という電話確認がされます。そして、運転免許証や源泉徴収票の確認が行われます。これらの最終チェックが終わると契約が成立し、ローンカードが発行されて消費者金融から今すぐお金を借りることができます。

お金を借りるためには何が必要か

他人からお金を借りることは貸す側にとって非常に気を使う事です。借りる側はお金が足りないからという理由がありますが、貸す側は金融機関でない限り、特に貸す必要がない場合が多いためです。自分の子供の学費としてお金を貸して、社会人になってから返してもらうと言うケースもあるのでしょうが、ほとんどの場合は親戚からどうしてもと頼まれたりしてシブシブ貸すとケースが多いのではないでしょうか。

お金を貸す側は、そのお金が返済されるかどうかに一番気を使います。商売としてお金を貸している金融機関であっても同様です。金融機関の中でも銀行は比較的上位に位置している金融機関ですが、その融資姿勢は貸金回収を最優先にしており、ちょっとでも疑義がある場合は貸付をしなかったり、減額したりすると言う厳しい姿勢を取るのが普通です。 他の金融機関であっても同様で、商売としてお金を貸しているからこそ、その回収には人一倍気を使っているのです。まして、商売としていない人が他人にお金を貸すのであれば、本当にお金が返ってくるのか否かは心配で仕方ないはずです。

貸手の返済についての心配を取り除くためには、きちんとした返済計画を提示して、それを貸手に納得してもらうことが必要です。返済のあてはないけど貸して欲しいと言うのは、援助とか贈与をしてもらいたいと言っているのと同じことです。借りると言う以上は、返済の意志と実現性のある返済計画を提示することが不可欠です。

公的機関からお金を借りる方法

公的機関は、政策目的で銀行などの金融機関より有利な条件でお金を貸すことがあります。金融機関自体が公的機関により設立されているものもありますから、その場合は一般的に銀行より有利に貸付を受けることができます。しかし、一般の銀行と違って政策に従っている借り手であることの審査がより重要になります。

また、場合によっては国や地方公共団体からお金を借りることがあります。これは、生活保護受給者などが対象になりますが、色々な事情により銀行や消費者金融からお金を借りることができない人に対して低利率で貸付をするものです。

これらの場合、借り手としては自分が政策に基づいた借り手であることを証明する必要があります。民間金融機関からの借入であれば、収入証明書などを出すことで返済能力を証明することができますが、公的機関からの借入の場合は、それ以上に政策に基づいているという事が重要なのです。そのため手続は民間金融機関からの借入より面倒になりますし審査期間も長くなります。民間金融機関のように30分で審査終了という事はないのです。

逆に考えれば、政策目的に沿った借り手であれば、このような有利な借り入れをすることが可能なのです。特に地方公共団体からの借入は、生活困窮者を対象にしていますから、一定以上の収入があったら借入ができないと言う不思議な審査基準になっています。

貸付の理由が理由なだけに、貸倒になる確率が非常に高いですし、借り手自体の返済意図が不明確であることも多いです。このような場合であっても、生活困窮者に対する生活資金の貸与というような政策目的がある以上貸付をする必要があるのです。この場合、国や地方公共団体の担当者は、借りた人の行方や生活状況を常時監視する必要があり、なかなか大変です。

公的機関がお金を貸すと言うケースは、一般的には民間金融機関がお金を貸せないケースがほとんどですから、当然貸倒の確率は高いです。昔、大手の公的金融機関が何社か破たんしたことがあります。原因として、融資の審査が甘すぎたことや金融機関自体の規律が乱れていたと言われることが多いです。しかし、ちょっと考えてみればわかる通り、この手の人たちにお金を貸してまともに返済を望む方がある意味間違っているのです。

このページの先頭へ